Archive for the '京都' Category

「美女と竹林」 by 森見登美彦

小説宝石に2007年から2008年に掲載されたエッセイをまとめた森見登美彦初のエッセイ集!!と思ってwktkして読み始めたわけですが、これがなんと妄想部分が入り込んできてエッセイというより小説がごとくなってしまっている部 […]

成海璃子がローザ・ルクセンブルグ1stをプッシュ!

美少女・成海璃子のパンク趣味に、twitterが騒然でも書いたとおり、年齢詐称かってくらい昔のしかも怪しい趣味を持ってる成海璃子ですが、なんと、モード誌「SPUR」の連載「璃子のりこりこ音楽帝国」で  「ボ・ガンボスより […]

マーラーの「焼いたん」!

京都(みやこ)では○○の煮物の事を「○○の炊いたん」などと言います。 マーラーの巨人のは、マーラーのタイタンと呼びますが、その「タイタン」と似たようなイントネーションとなります。 さて、ケン・ラッセルの「マーラー」という […]

天天有沖縄店

京都に住んだ事ある方ならご存知ですよね。 天天有。。。 超有名店ですね。 一時期、カップラーメンもできましたね。。。 一部には天天有派と天下一品派とあったらしいですが。。。 ま、僕はどっちもオーケーなんですけどね(笑) […]

「有頂天家族」 by 森見登美彦 あるいは、「面白きことは良きことなり!」

 熱心なファンの方なら「ペンギン・ハイウェイ」まで読むべきですが、未だに「有頂天家族」です。小説などは基本文庫版で読みますから。単行本ってば置くのもかさばるし、通勤時に読むことが多いから文庫版の方が便利ですよね。  あ、 […]

サザエさん エンディング 完全実写版

今度は同じグループによるエンディングですね。 思うがままに突っ走ればよいと思います(笑)

サザエさん オープニング 完全実写版

日曜の夜といえばサザエさんシンドロームですね。 あー明日会社やなーと思うとなんとなくがっかりします(笑) さて、そんなサザエさんの実写版です。 京都が生んだ伝説のお笑いロックバンド「ノイズファクトリー」のプロモーション用 […]

「新釈 走れメロス 他四篇」 by 森見登美彦

文学史上に燦然と輝く名作群を森見登美彦の「新釈」により京都を舞台に生まれ変わる!ということで「山月記(中島敦)」「藪の中(芥川龍之介)」「走れメロス(太宰治)」「桜の森の満開の下(坂口安吾)」「百物語(森鴎外)」の 五篇 […]

「きつねのはなし」 by 森見登美彦

表題作「きつねのはなし」「果実の中の龍」「魔」「水神」の4作品を収めた短編集。 これまで読んできた、「太陽の塔」「四畳半神話体系」「夜は短し歩けよ乙女」などの作品も大好きですが、この作品はこれらとはがらりと作風が異なりま […]

「夜は短し歩けよ乙女」 by 森見登美彦

感想はmixiでも書いたけど、ブログに移すのでリライトするために再読したらまた面白く読めてしまった(笑) 森見さんはこの小説に限らず、あらゆるところに伏線を張りまくってにやりとさせてくれるのが好きです。 もっとも顕著なの […]