「もしも女子高生がドラッカーのマネジメントを読んだら」 by 岩崎 夏海

さて、高校野球です。

これまでの高校野球もので感銘を受けたものというと、川原泉さんの「甲子園の空に笑え」とか「逆境ナイン」↓

なんですが、これはそれらに匹敵するほど面白かったですね。

エンターテインメントとして。

今思いつく高校野球としてドカベンは面白いけど高校野球的に超越しすぎている気がして。。。このマネージャーと同じ名前のみなみやらみゆきやら出てくるやつは野球漫画やったっけ?(笑)

で、ドラッカーってこの本が流行るまではよく知らなかったのですが、経営学の神様的な位置づけらしいですね。

高校野球のマネージャーたるものを良く知らない女子高生がマネージャーたるものを知ろうとしてこの本を読む!
間違いに気付きつつもその内容を活かそうとしてそれが上手く行ってしまうという。

高校野球というか野球部というのは当然ながら非営利団体なわけで、それにも関わらず組織を定義したり顧客を定義したりするとこから始まります。

「学校や先生や野球に関わる人、学校に関わる人、それに友達や自分達部員も全て顧客なんだ」と気づいた後、練習をきちんと出てこないのは、顧客である部員が「つまらない」と感じているからで、それを克服するために「イノベーション」が必要!そして実際に克服するという話など、この高校野球とドラッカーという妙な組み合わせは実はばっちりマッチしているんだなーと妙に納得行きます。

野球っちゅうのは当然の事ながら集団競技であるわけで、だからこそ優勝できないチームで打ちまくっているイチローよりもチームのムードを盛り上げて優勝に導いたシンジョーの方が評価が圧倒的に上なわけであります。

そういう次第なので組織論に落とし込んで徹底したら強くなったというのは非常にリアリティがあるような気がします。公立の学校でスポーツ推薦とかないような公立校などが急に強くなるってのもこういう背景があるんかも知れません。

ドラッカーが営利団体のみならず、すべての組織に当てはめて応用できるということを明確に示したという点においても非常に面白い話だったと思います。

ただ、安易な難病もんは卑怯で、最後ああいう結果になってしまった事に対するダメージの少なさがちょっと軽すぎるきらいがあって感心しませんでした。そうなる伏線もわかりやす過ぎましたし。そんなんもあって、「小説」というよかはラノベちっくではありました。

そうとはいえ、ドラッガーと高校野球とを結びつけるアイディアは非常に秀逸であり、うまくマッチしていて最高に面白かった。電車の中にも関わらず何度もうるっとさせられてしまって(笑)、エンターテインメントとしても優れたものだったと思います。
今後模倣作が出てきそうですねwww
模倣作ではなく、さまざまな組織にも応用できそうだなとも思えました。
ドラッカー、知らんかったけど、読んでみるのも良いかなーと思えました。

とにかく、上述の「甲子園の空に笑え」「逆境ナイン」と並んで胸熱な高校野球ものとして評価できるものです。


Leave a Reply