「沖縄ディープインパクト食堂」 カベルナリア吉田

カベルナリア吉田さんが沖縄のディープなインパクトを持つ食堂を紹介しています。
実際に行って食べて気に入ってらっしゃるお店であるのはもちろんのこと、沖縄的なインパクトを持つ店に焦点を当てています。
沖縄的なインパクトとは大まかに以下のようにまとめられます。

「見たことのない食材と料理がある」
ヤギ、ウミヘビ、血、豚の丸焼き、海亀などなど、強烈な印象のものがあります。
「なんだか量が多い」
半端なく多いです!しかもカメーカメー攻撃!
「値段が妙に安い」
ほんと安いです。
「なぜかとってもフレンドリー」
沖縄には「イチョリバチョーデー」=「会えば兄弟」という言葉があるらしく、みんなフレンドリー!
「なんかくれる」
上のイチョリバチョーデーに通ずるものがあるのですが、何かくれますwww
「おおざっぱ/てーげー」
人が良い感じですね。

このような特徴の少なくとも一つを持つ店がなんと32軒も紹介されています。

しかもすべてカラー写真で料理が紹介され、上のような特徴をよく伝える文章が添えられている。
料理そのものに対しても食べてみたい!って思う気持ちは当然出てくるとして、お店の様子や店の人の温かさなどを伝えるがあまりにも見事で自然と沖縄に対する思いが掻き立てられます。

作者が気に入って何度も足を運んでる店も多いので、「間違いない」であろうと思われる店ばかり。

実はその昔「ちゅらさん」を観て以来沖縄に行きたい行きたいと言い続けているのですが、未だ実現せず。。。
「ホテル・ハイビスカス」を観てもまた行きたくなったりもしつつもなんだかんだで思い切りがつかずwww
そのうち行きたいなー。


Leave a Reply