【イギリス祭り!】オーケストラハモン 第29回定期演奏会のご案内

オーケストラハモン 第29回定期演奏会
G.ホルスト/組曲『惑星』
B.ブリテン:歌劇『ピーター・グライムズ』より四つの海の間奏曲
W.ウォルトン:『スピットファイア』前奏曲とフーガ

■日時:2013年7月15日(月・祝)13:15開場 14:00開演
■場所:すみだトリフォニーホール:大ホール
■指揮:冨平恭平
合唱:新国立劇場合唱団(G.ホルスト)

まず、1曲目はウォルトンの「スピットファイア」前奏曲とフーガ。
この曲は、映画「The First of the Few」のために作曲された音楽の一部です。この映画は米国では「Spitfire(スピットファイア)」として公開されました。
 バトル・オブ・ブリテンにおける勝利の立役者とされるイギリスの戦闘機「スピットファイア」の生みの親、R.J.ミッチェルの生涯を描いた作品で、シュナイダートロフィーを得た頃の話から、直腸がんに侵されながらもスピットファイアを作り上げるまでが描かれます。映画はドイツ軍との最初の遭遇でメッサーシュミットを撃墜していくシーンで終わっています。
 バトル・オブ・ブリテンより後ですが、まだ第二次世界大戦が終わっていないときに作られた映画ですので、プロパガンダ的な意味合いも強い映画です。

 前奏は冒頭からで、フーガは1時間28分以降、間があって、1時間34分辺りからとなっています。
 この動画を見るまでは戦闘シーンのBGM的なものを想像していましたがぜんぜんちゃいましたな(汗)
 余命いくばくもなく、ドイツ軍の侵攻に備えて急いでスピットファイアを製造するシーンに使われていたので、むしろ、モソロフのあれ的な感じかもww(←多分違う)

 イギリス人、なんとビールの名称にまでしてしまいました(笑)
 コマーシャルはこれ。

結構きわどいネタもありますなwwww

ちなみに日本でも西友で売ってます!!

 やくざもんが多いオケでは打ち上げに持ち込んで「スピットファイア」乾杯などするかもですが(笑)、ハモンはまじめな人が多いからせんやろなーwww

で、2曲目はブリテンの「ピーター・グライムズ」からの4つの海の間奏曲。

「ピーター・グライムズ」はざっくりいうと社会派オペラで、漁村を舞台とした閉塞的な社会に生きる主人公たちが過酷な運命に遭い、やがて破局へ向かうというもの(ほんまにざっくりやなww)。

ブリテンはその中で用いられた6つの間奏曲のうち4つを用いて組曲としました。ストーリー順ではなく、組曲としてまとまりがあるように作られました。ドビュッシーの「海」を想起させるという話もありますが、ドビュッシーの「海」を良く知らないのでわかりません(おい)。

3曲目はホルストの「惑星」
惑星と言えば平原綾香が相当有名ですね。

でも私的にはこっちが好きです。断固支持!超絶支持!是非聴き比べていただきたい(笑)

「木星」のカバーがやたら目に付きますが、「火星」もカバーされてます。
まず、ELP。

そしてKing Crimson。

さて、「惑星」と言えば、水金地火木土天海冥(または水金地火木土天冥海)などと覚えましたね(チームおっちゃんならばw)。しかし、ホルストの惑星は「火星、戦争をもたらす者」「金星、平和をもたらす者」「水星、翼のある使者」「木星、快楽をもたらす者」「土星、老いをもたらす者」「天王星、魔術師」「海王星、神秘主義者」となっています。地球は除くとして冥王星がないやんけ!と突込みが入りそうですが、ホルストがこの曲を作った時には冥王星がまだ発見されてなかったとか!
 ホルストの生存中に冥王星が発見されたたため、ホルスト自身も冥王星を作ろうとしたけど、完成できずに亡くなってしまったのでした。
 後年、いろいろな人が保管のために冥王星の曲を書いたそうです。
有名なものでイギリス・ホルスト協会理事の作曲家コリン・マシューズによる「冥王星、再生する者」というものがあり、2000年に作曲されました。

 だがしかし(駄菓子菓子)!!この曲には2006年に悲劇が起こりました!!!

 みなさんご存知の通り以下の動画のことが起こったのですね。

まーつまり、国際天文学連合総会において惑星の新定義が決定され、冥王星が惑星から除外されたのですねー。
奇しくもホルストのもとの曲の通りになったという。。。
というわけではないですが、冥王星はやりませんwwww
まー、ハモンはキワモンオケちゃうしな。

さてこんな風にオールイギリスプログラムです。
ウォルトンってことでアンコールは当然これ!

と思いきや違います(笑)
なんでだよー。
ブーブーwwww
他にもイギリス特集なのにディーリアスがないエルガーがないなどの不備もあるので、第2弾も期待(笑)
エルガーの1番とかチェロコンやろーぜー。

そんなこんなありますが、とにかく新進気鋭の冨平さんとお送りします。
合唱は新国立劇場合唱団という豪華絢爛!
会場はミューザと思い込んでたけど、実はすみだトリフォニーやった!
今知った!
あぶねーwww

連絡いただければ、無料招待券差し上げますのでぜひいらしてくださいね。


4 Responses to “【イギリス祭り!】オーケストラハモン 第29回定期演奏会のご案内”

  1. [...] 4sq.com/13r5asO posted at 18:08:13 オーケストラハモン 第29回定期演奏会のご案内 chernaya-koshka.com/?p=1793 posted at [...]

  2. [...] posted at 00:02:47 オーケストラハモン 第29回定期演奏会のご案内 chernaya-koshka.com/?p=1793 いよいよ来週の月曜日です!よろしゅうに! posted at 07:14:36 RT @nanakato: [...]

  3. [...] 【イギリス祭り!】オーケストラハモン 第29回定期演奏会のご案内 chernaya-koshka.com/?p=1793 今度の月曜日です!よろしく!! posted at 14:23:20 RT @TamaZooPark: [...]

  4. [...] 【イギリス祭り!】オーケストラハモン 第29回定期演奏会のご案内 chernaya-koshka.com/?p=1793 いよいよあした!よろしく! posted at 16:21:23 練習終わり! (@ [...]

Leave a Reply