ゴジラ ファイナル ウォーズ


ゴジラ ファイナル ウォーズ
監督:北村龍平
製作年: 2004年
製作国: 日本
時間: 126分

 というわけで予告通り「ゴジラ FINAL WARS」です。2004年に公開された映画ですね。文字通り最後!ということを前面に押し出して作られました。
 さて、この映画では、ミュータントなる人たちやら宇宙人やらが出てきて超人的な能力を示しておりましたが、この能力の源となる要素として、菊川怜が発見したものがあります。

 それが、ゲノム中に存在する「M塩基」です!!
 そうです、これぞまさに「DNAが違う」なのです!!
 ここまで来るとようやく「宇宙人のDNA」と言うことが出来ます!!

 さて、DNAと言えば、二重らせん構造をしているという話は有名でありますが、この構造は、DNAの二重らせん構造はロザリンド・フランクリンという非常に優れた女性結晶学者によってその結晶構造が明らかにされ、なんかしらんけどその成果がいつの間にかワトソンとクリックにわたって論文発表されたものであります。これと別に二重らせん構造であることを裏付ける実験もまたありました。シャルガフによって発見されたもので、「動物、植物、微生物、どのような起源のDNAであっても、あるいはどのようなDNAの一部であっても、その構成を分析してみると、四つの文字うち、AとT、CとGの含有量は等しい」というものでした。つまり、結論として「アデニン(A)は常にチミン(T)と対をなしており、グアニン(G)は常にシトシン(C)と対をなしている」ということを示唆するものでした。

 さて、くだんのM塩基はいったいぜんたいどこに入るのでしょう?何と対をなすのでしょう?(笑)実はMの他にM’があるっつう話やけど一般向けに話をやわらかくするために、ひとくくりにしてM塩基にしてるとかかしら?それかイノシン??それはそれでミューテーション入りまくりで大変そうですよ。

 あとは、X星人が人類を家畜化する目的がミトコンドリア?!「そんなもん、人を直接食べんでも培養細胞とかで十分やん(笑)誰か培養法教えたげなよー!
 え?「天然もんと養殖もんは違う?」ってじゃかーしーわー!!そんなこと言ってると「パラサイトイブ」のミトコンドリアをこっそりまぎれこませてしまいますよ(くす)などと思ってしまいますよね。

 さて、映画自体は、ゴジラ+マトリクス+インディペンスを足して足しっぱなしっていう非常に濃厚な味わいの面白いものでした。単なる怪獣映画の枠組みを超えた大きな世界観に感服しました。

 でも、主人公のかっこええ兄ちゃん(松岡昌宏です。念のため)よりも上司(ドン・フライ)とかX星人(北村 一輝)の怪演の方が目立ちまくってましたな。前半部では相当にかっこいいシーンがあったのですが、周りの人、キャラ立ちすぎです(笑)

 しかしもっともすごかったのは、X星人の本格的な攻撃で世界が恐怖のどん底に襲われたあとにも関わらず何事もなかったかのようにはんなりと出てきた水野真紀でしょうかね。そんなにはんなりとした人が人類なわけがないX星人の罠に違いない!志村うしろ!逃げてー!!って思ったら普通に本人だったのに驚かされました。ある意味一番怪演でした。


Leave a Reply